薬剤師になるには?盛岡市の薬剤師求人の勤務先の種類についても徹底解説!

病気の予防や治療、健康維持のために、人々の生活には薬は必要不可欠なものです。(参考資料 ... 薬剤師転職 ... APOPLUS 薬剤師

そんな国民の健康な生活をサポートする薬剤師になりたいという人は、どうやったらなれるのか、どんな就職先があるのかなど、色々と悩むことがあるでしょう。ここでは、盛岡市で薬剤師として働きたいという方のために、薬剤師になるための条件や薬剤師求人の勤務先の種類ついて紹介します。

薬剤師になるための条件とは!?

薬剤師になるために、まずは薬剤師国家試験に合格することが必要です。合格して薬剤師免許を持つことで、盛岡市の病院や薬局などのさまざまな勤務先で働くことができます。受験できる人は、薬剤師法にもとづき、平成18年4月からの大学入学者から薬学の課程を6年修得して卒業した人が受験資格を得られます。

薬学系の学科を設けている大学は全国各地に所在し、国公立大学、私立のタイプの大学があります。昼間部だけで、夜間部や短期大学で薬学を学べる学校はありません。岩手県や盛岡市に薬学系の国公立大学はありませんが、近隣の地域で宮城県の東北大学で薬学部が設置されています。

私立大学では盛岡市に岩手医科大学があり、こちらの大学でも薬剤師を目指すことができます。

薬剤師求人の勤務先の種類:病院

盛岡市の病院でも薬剤師求人の募集は多く見られます。病院薬剤師は、薬剤部と薬剤科という部署のなかで仕事をしており、病院で治療する際に必要となる医薬品すべてを取り扱います。調剤の業務では、医師の処方箋をもとに内容を確認し、薬の量や種類が適正かどうかを判断して、のみ合わせの間違いはないかなどをチェックしてから、患者さんに使用方法を説明し薬を渡します。

のみやすくするために、一人ひとりの患者さんの病状や希望に合った調合をおこなうこともあります。製剤の業務では、がんの治療に使用する抗がん剤の調整もおこなっており、清潔な専用の部屋で業務をします。強い作用のある抗がん剤を体に吸い込んだり、ついたりしないように、調剤の業務をおこなう際はマスクや手袋、ガウンなどを装着して業務をおこないます。

病棟調剤業務では、病棟で入院している患者さんに、薬の作用と副作用のことや使用方法を説明する服薬指導をします。患者さんに入院前に服用していた健康食品や市販薬、処方薬の有無を確認したり、薬の効き具合や副作用の有無もチェックします。

そして、薬品の発注や管理なども薬剤師の業務です。在庫を常に確認し、医薬品を切らさないように不足するものがあれば発注します。毒性がある薬や強い薬は、カギをかけて厳重に保管されていて、使用するたびに数量を確認することが必須です。

その他にも、医師と看護師と一緒に医療の治療法に関する会議へ参加をしたりと、チーム医療の一員となって薬のスペシャリストとして加わるなど、さまざまな業務にたずさわります。病院にもよりますが、取り扱う医薬品は数千品目以上あります。

そして病院に勤務する医師や看護師などは、薬のことで不明点があれば薬剤師に相談することが多いです。医薬品は新しいものが次々と出てくるため、病院勤務は最新の知識や高いスキルが必要となります。

薬剤師求人の勤務先の種類:調剤薬局

調剤薬局は、薬剤師の代表的な勤務先の種類です。営業時間も長くない場合も多く、土日祝日が休日というところもあり、プライベートとの両立がしやすい勤務先なので人気があります。調剤薬局には常に薬剤師が在籍しており、調剤室を完備しています。

仕事内容は、医師が発行した処方箋の内容を確認して、患者さんに必要な薬を調合して渡す業務です。薬を渡す際には、使用方法を説明したり、患者さんの薬歴管理の業務もおこないます。盛岡市の調剤薬局の求人は、全国にチェーン店を展開する大手や、個人経営の小規模な調剤薬局などさまざまな勤務先があります。

チェーン店勤務であれば、引っ越す機会があった時でも、別の地域の同じチェーン店へ異動して働ける場合もあります。調剤薬局で一般の薬剤師として働くよりも、年収アップをのぞんでいるなら、管理薬剤師として働くことを検討してみるとよいでしょう。

管理薬剤師とは、店舗での責任者のことを言います。医薬品の在庫管理や品質管理をするとともに、薬剤師と従業員の指導や管理が主な管理薬剤師の仕事内容です。大きな年収アップにつながるチャンスになるので魅力的です。

薬剤師求人の勤務先の種類:ドラッグストア

薬剤師はドラッグストアで働いている人も多いです。ドラッグストアでの薬剤師求人の仕事内容は、お客さんの病気の悩みや不調を聞いて、適切な市販薬を選べるようにするため提案やアドバイスをおこないます。そして生活習慣のアドバイスをすることや、症状によって病院やクリニックの受診をすすめることもあります。

ドラックストアに在籍する薬剤師は、日々進化する市販薬の説明をしたり、お客さんからの質問にもきちんと答えられるように、新しい薬についても正しい知識を身につける必要があるでしょう。そして、市販薬だけではなく、マスクや湿布、絆創膏や包帯などの商品もドラッグストアでは販売しています。

お客さんの要望により、これらの商品をすすめることもあるため、ドラックストアで販売されている商品情報についても正確な知識が求められます。また、ドラッグストアでは調剤薬局が併設しているところも存在します。病院や診療所で医師が発行した処方箋を患者さんが持ってくるので、処方箋の内容をもとに調剤をおこないます。

患者さんのお薬手帳を確かめたり、アレルギーの問題はないかを確認してから薬を調剤します。ドラッグストアの仕事と、薬局の仕事と両方を受け持つということは、多数の市販薬や数千品目以上の処方箋の薬を取り扱うわけですから、間違いがないように十分な注意が必要です。

薬剤師求人の勤務先の種類:製薬会社

薬剤師というと、病院や調剤薬局、ドラッグストアで働いているイメージがあるという人は少なくありません。しかし、盛岡市の薬剤師求人のなかでも、製薬会社での就職や転職を選ぶ人もいます。製薬会社で働く薬剤師は、研究や開発、学術職やMR職など多岐にわたります。

研究は人気の職で、新薬開発の研究やデータ収集、非臨床実験や技術研究などの色んな研究をおこないます。開発部門は治験のデータ収集の分析から、新薬の承認申請書作成などの業務があります。学術職は、日々進化する医薬品情報を適正に収集し、データの分類や管理をおこない、医療関係者へ情報を提供する仕事内容です。

MR職の仕事は、医師や薬剤師を対象に、自社の医薬品の安全性や有効性を説明し、正しい情報を提供して売り込む仕事です。製薬会社は他の薬剤師の勤務先より、給与水準が高くて待遇がいいという利点があります。